二日酔いの原因物質〜ホルムアルデヒド

二日酔いになる場合というのは、その原因となる物質があります。こうした原因物質は飲むお酒の種類によって異なります。その中でも特に注意が必要なものといえばホルムアルデヒドです。そこで今回は、ホルムアルデヒドについての紹介です。

 

ホルムアルデヒドとは
お酒の中にはメタノールが含まれているものもあります。いつもはお酒を飲んでも特に問題がないという人であっても、このメタノールを含んだお酒を飲んだ場合にはひどい二日酔いになってしまう、そんなケースがあります。これはホルムアルデヒドが原因によるもので、メタノールが分解するとホルムアルデヒドが発生するためです。メタノールそのものは基本的にお酒には含まれているものですが、お酒の種類によってその含まれる量が異なります。

 

アルコール度数の高いものほどメタノールの含有量も多くなる傾向にあります。また、ウイスキーやブランデー、テキーラなどといったお酒にも多く含まれているため、普段ビールを飲み慣れているという人がウイスキーなどを飲むと翌日二日酔いになった、というケースが考えられます。辛い二日酔いにしじみサプリ人気ランキング

 

ホルムアルデヒドの分解には時間がかかる
メタノールは、分解されるまでに時間がかかるという性質を持っています。アルコールはそのほとんどがエタノールで構成されていますが、人間の体においてはエタノールを分解した後メタノールを分解します。

 

つまり、メタノールは分解における優先順位が低いということ、そして分解の際に発生するホルムアルデヒドは頭痛や吐き気といった症状を引き起こす有害物質となっていることから二日酔いの原因となっているといえます。分解までに時間がかかるため体内に蓄積されやすいということになります。

 

メタノールの分解は肝臓任せ
メタノールの分解は肝臓の働きによるところが大きいです。そもそもメタノールを分解するための薬があるわけでもありませんし、肝臓のもつ解毒能力に任せるしかありません。そのため、二日酔いを防ぐということであればアルコールの摂取量そのものを少なくするしかないのが基本となります。

 

そのうえで肝臓の働きを高める栄養素を補給するといった工夫が大切です。さらにメタノールは必ずしもお酒にしか含まれていないというわけではなく、人工甘味料を使った飲食物やフルーツジュースなどにも含まれています。そのため、メタノールを控えるためにはこうした飲み物にも注意が必要です。