乾燥肌は薬で対策をする

乾燥肌の方の場合、肌がかゆくなったり、カサついたりするため、悪化しないうちに対策をしなければいけません。その対策として有効なのが、医療機関を受診して医師に処方したもらう薬を使用することです。かゆみが軽度であれば、レスタミンという薬やオイラックスという薬を処方されることでしょう。

 

もっと重度なかゆみであれば、ゲンタシンという薬やべクラシンという薬を処方されることでしょう。これらの薬は、塗布タイプの薬で、ほかには、服用タイプの薬を処方してくれることもあります。乾燥肌でかゆみの症状が出ている場合、乾燥を抑えることでかゆみが軽減するため、ワセリンという薬やヒルドイドという薬を処方してもらえますが、そのときには、塗布タイプも同時に処方してくれることでしょう。

 

子育てをしていたり、忙しかったりして乾燥肌に悩んでいる方の場合、医療機関を受診することが困難な場合もあるでしょう。そのときには、一般に売られているもので乾燥肌の予防をしなければいけませんが、そのような場合には、保湿クリームなどを選ぶと良いでしょう。

 

そのなかには、尿素が入っている保湿クリームもあり、尿素には肌の水分を保持してくれる作用がありますが、かゆみの症状が出ているときには、逆効果になる恐れがあるので、尿素が入っているクリームは使わないようにしたほうが良いでしょう。

 

1つのクリームのみを使って体全体をケアするのでしたら、なるべく尿素が入っていないクリームを使用するようにしてください。また、肌が乾燥している方の場合、化学繊維やウールなどが生地に使われている衣服なども着ないほうが良いでしょう。